特化したサービスで生き残るホテル3

2014 年 4 月 3 日

長く景気低迷が続く中、レジャー産業であるホテルにとっても厳しい時期が続いてます。その中でも稼働率が高いホテルは存在します。

五反田風俗ムーブ

テレビのビジネス向けの 番組などでよく取り上げられるホテルは、総じて明確にターゲットを定め、利用する側に立った徹底したサービス向上で利用者を取り込んでいます。

ビ ジネスマンの出張等での利用を目的としたあるホテルは、部屋でいかにリラックスして休めるかを追及していました。

そこでは休むときに好みの硬さや高さの枕 が選べるようになっていて、チェックインの際に多くの種類の枕の中から自分の好みのものを選んで部屋に入るようになっていました。

部屋は防音効果も抜群で 外部の音で睡眠を妨害されることがありません。寝ることに特化していかにゆっくり休めるかを高めた結果、利用者が増加したというホテルでした。

ま た、限りなくサービスをシンプルにした結果、ギリギリまで料金を下げ、安さに特化したホテルもあります。

ホテルは施設と最低限のサービスだけを提供し、人 件費や必要経費を徹底して下げ、それを料金に反映させ料金を低く抑える。利用者はそれを理解した上で、それでも安く宿泊するためにそこを選びます。

ですか ら必要であれば自分が準備しなければなりません。しかしそこには利用者の選択の自由があり、お金を支払ってもサービスを受けたい人は受けることもできる。

必要なければその分安く利用する。そう割り切れる人にとってはこの上ないホテルとなるでしょう。

景気低迷の中、さまざまなサービスに特化されたホテルが出現し、利用者はサービスでホテルを選ぶ時代になったといえます。